FC2ブログ

記事一覧

こらむ・シネマ百景 第156回 "がんと生きる 言葉の処方箋"

映画ライター 服部香穂里さんの『こらむ・シネマ百景』 順天堂大学医学部の樋野興夫教授が提唱した、"がん哲学外来"。聞き慣れないけれど妙に気になる、現在進行形で発展する新領域の、通常の医療とは異なるユニークな可能性に光を当てるドキュメンタリーが、『がんと生きる 言葉の処方箋』である。 幾多の生と死を見つめ続けてきた達観したまなざしに、何者にも警戒心を与えぬ柔らかな物腰で、胸に刻みたい至言・名言を囁きかけ...

続きを読む