FC2ブログ

記事一覧

こらむ・シネマ百景 第153回 "春やのに…"

こらむシネマ百景タイトル画像


映画ライター 服部香穂里さんの『こらむ・シネマ百景』


 松田優作の死で始まった平成が、ショーケンこと萩原健一の死で、終わりを迎えようとしている。それにしても、新元号をエイプリルフールに発表するだなんて、この先も不穏な予感しかしないのだけれど……。


 かつて世界中を温かな笑いで包んだ、名コンビのローレル&ハーディ。実在した稀代のエンターテイナーの光と影を、最後となった英国ツアーに焦点を当て、老体にムチ打ち奮闘する彼らの一筋縄ではいかない関係性を通して情感豊かに綴った『僕たちのラストステージ』。時代に取り残され人気も低迷する一方の中で、"幻の新作映画"を妄想し続けるローレルの悲哀を、生粋のコメディアン特有のギラつき過剰を今回は封印し、共感込めて体現するスティーヴ・クーガンと、ハーディ当人に似せるべくファットスーツに身を包み、"リアル・マシュマロマン"のごとき超ぽっちゃり体形に変貌し、豊かな身体表現にて難役を演じきったジョン・C・ライリー。タイプは異なるものの、互いへのリスペクトを惜しまぬ実力派ふたりの、打てば響く絶妙のコンビネーションによって、言葉にせずとも理解し合える、長年連れ添ったプロフェッショナル同士ならではの堂々たるコンビ愛が、感動的にスクリーンに映し出されている。


 病的なまでに自身を清めることでギリギリ平静を保つ女性と、ひと知れず繰り返す自傷行為によって生の手応えを実感しようともがく女性。互いに傷つけながらも執着する、共依存のごときふたりの狭間で、複雑な心情に引き裂かれる男友だちや、刹那的に生きる孤独な青年らをも巻き込む、男女4人のやるせない絡み合いを見つめる『空の瞳とカタツムリ』。この印象的なタイトルは、9.11の2日前に53歳の若さで世を去った、相米慎二監督の遺作となってしまった『風花』(00)の、題名変更案の最終候補まで残ったものという。脚本家としての顔ももつ斎藤久志監督は、名脚本家の父・荒井晴彦譲りの才能で映画デビューを飾る荒井美早が紡ぎ出す、時に観念的にも聴こえる台詞の数々を繊細に吟味し、心と身体をさらけ出してカメラの前に立ち続けた果敢な役者陣を通して、ナチュラルに息づかせる。否応なく溢れ出す自意識と対峙しなければ前に進めないからこそ、何かとしんどい人生にも挑み続ける意義があることを、まとわりつく呪縛から解き放たれたような彼女たちの佇まいが、清々しく物語る。


 『永遠のこどもたち』(07)など、スペインの鬼才J・Aバヨナ監督とのタッグでも知られる脚本家のセルヒオ・G・サンチェスが、バヨナの製作で監督デビューを果たした『マローボーン家の掟』。母亡き後、外界から隔絶されたように森の中に佇む屋敷で、"何か"の気配に怯えつつ、責任感の強い長男を中心に、肩を寄せ合い暮らす4人の兄妹。ほのかな恋も芽生え、ささやかな日常の中の小さな幸せを噛みしめながら過ごす健気な彼らに、逃れようのない忌まわしい過去が立ちはだかる。過酷な現実に押しつぶされそうな子どもたちの、潜在的な恐怖の象徴であり、時には生きるための拠りどころにもなり得る、見えずとも感じる得体の知れないものへの畏怖の念が、グロテスクさと美しさが混在する独特の世界観を支えている。おどろおどろしい雰囲気すら漂う邦題とは裏腹に、忘れたくても忘れられない記憶と向き合いながら、かけがえのない存在へと想いを馳せたくなる、趣深いダーク・ファンタジーだ。


 ベルリンの壁崩壊後の、旧東ドイツの大型スーパーマーケットにて、様々な想いを胸に秘めて働くひとたちの悲喜こもごもを、ユーモアとペーソスを交えて細やかにスケッチした『希望の灯り』。自然光も射さない無機質な空間で繰り広げられる、何気ないルーティンワークを捉えたショットも、流麗なカメラワークやセンスの光る抜群の選曲によって、心躍るような名シーンへと生まれ変わる。出演作が相次ぐ"ドイツのホアキン・フェニックス"ことフランツ・ロゴフスキが、タトゥーを仕事着で隠しつつ、無軌道に振舞っていた厄介な過去に幾度となく引き戻されそうになりながら、さりげなく親身に接してくれる上司らに後押しされ、やっと見つけた愛のために真っ当に生きようとする不器用な前科者を好演。押し寄せる社会の変化の波に呑まれ、築いてきた価値観や信条が揺るがされそうになっても、大切なものを変わらず慈しみ続けることのできるひとたちに、深い愛情を込めてエールを送る逸品だ。


(映画ライター 服部香穂里)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント